寧波の粥の専門店は大人気

一緒に粥を食べに行きましょう。

専門店が多い

    ネットで「粥」を検索するなら、700余りの検索結果ページがある。そのうち、粥の専門店について内容は400以上に達す。住宅街でも、中心業務地区でも、専門店の分布範囲が広い。しかも、経営形態はチェーン店である。


「米漁記」、「禾豊記」


    「米漁記」、「禾豊記」は寧波一番有名な粥のチェーン店である。「米漁記」は30の店があり、ほとんどにぎやかなデパートに位置している。「禾豊記」は10の店を持って、でも、直営店という経営形態を採用するから、品質、サービスなど方面はもっと良い。


豊富な種類

    普通の米の粥、ピータン豚肉の粥。また、海鮮の粥、野菜の粥、雑穀の粥…各種の店はいろいろな粥を提供している。例えば、「米漁記」は生米、新鮮な魚で粥を作る。「禾豊記」の主力品目は土鍋粥、薬膳粥である。


様々な粥、軽食、具材


    また、消費者は粥を食べるばかりではなく、鶏の足、昆布など様々な軽食、具材も注文する。しかも、時々、軽食、具材の売り上げは粥を上回る。これは、独特な販売手段だろう。


文化

    近年、人々は養生を重視するから、マーケティング戦略も変わりた。ある粥の専門店は「食品添加物はない」、「健康食べ物」というスローガン及び斬新なソーシャルメディアを利用して、たくさんの消費者を引きつけて、特に若い人。これらの専門店は消費者に人気であり、評判も良い。


美味しい粥


    現在、粥はもう1種の軽食だけではなく、主食になるとも言える。粥の見通しがよい。今は涼しくなり、熱くて美味しい粥をを食べに行きましょう。