杭州一目ぼれ

杭州観光協会は商務印書局と協力し、杭州を全般的に紹介する『杭州一目ぼれ』という本を出版した。

 G20首脳会議がいよいよ杭州で開催し始める。杭州観光協会は、商務印書局と協力し、『杭州一目ぼれ』という本を出版した。杭州で生活するには作家は元Los Angeles TimesとCNN Travel ChannelのジャーナリストであるChristopher Cottrellで、17年の旅行著作経験を持っている。


glance1.jpg


 この本は、杭州の旅行ガイドボックだけでなく、杭州で長期生活する指導書とも言える。章ごとに、全体紹介だけでなく、杭州奥深いところまで詳しく紹介している。また、杭州をテーマとしてのポストカードが含まれ、手書きマップも付いている。

歴史ファンへ


glance2.jpg


 杭州の輝いている歴史を了解するため、かならず、西湖風景区ヘ訪れなければいけない。あそこは、お寺や仏像、江南典型的な園林、文人遺跡が満喫できる。そして、『白蛇伝』や万松書院の『梁山伯(りゃんしゃんぼ)と祝英台(ちゅういんたい)』といった昔話を追跡するロマンチックな旅をしてみてください。

仏教徒へ


glance3.jpg


 杭州でもっとも古い仏教寺院である霊隠寺は中国禅宗五山十刹十大古刹の一つである。仏教徒が必ず参拝に行く場所である。

創業者へ


glance7.jpg


 杭州は創業者にはフレンドリーな都市である。アリババグループの本社は杭州にある。銭江新城は金融、貿易中心で、杭州が国際ビジネス都市であることを全般的に展示している。それ以外に天竺三寺院、永福寺など杭州で多くのお寺を参拝できる。

文化芸術ファンへ


glance8.jpg


  文化芸術ファンは杭州の文学、絵、音楽、劇などをチェックしてみよう。杭州は古くから、文人墨客が輩出する場所である。西湖はよく彼らの詩中の主役となる。西湖を 把(も)って 西子と比せんと欲せば、淡粧濃抹總(すべ)て相(あ)ひ宜(よろ)し――蘇東坡。
 詩を鑑賞したら、杭州伝統の劇である越劇を味わってみてくだい。

美食家へ


glance9.jpg


 杭州料理博物館で杭州料理の歴史を一覧できる。杭州料理の代表としての片児川、東坡肉、龍井蝦仁などをぜひ食べてみて下さい。
坊街、高音街、勝利河街で、杭州、江南及び中国各地の伝統料理を満喫できる。

 ほかにショッピング、パーティ、健康やフィトネス等もこの本に記載されている。では、今から、この本を入手してくさい。