杭州最初の「宋韻杭式生活体験基地&体験点」

文学、書道、美術、琴芸……宋朝のライフスタイルが優雅で上品で、生活の中の美学も今まで続いて、現代の杭州に深く根ざしている。歴史文化名城の杭州市の建設を深化さ、宋韻杭式生活のブランドが成功するために、杭州市文化広電観光局が「宋韻杭式生活体験基地&体験点」評価イベントを主催した。

文学、書道、美術、琴芸……宋朝のライフスタイルが優雅で上品で、生活の中の美学も今まで続いて、現代の杭州に深く根ざしている。歴史文化名城の杭州市の建設を深化さ、宋韻杭式生活のブランドが成功するために、杭州市文化広電観光局が「宋韻杭式生活体験基地&体験点」評価イベントを主催した。

 

各市管轄区の観光局、特色潜在力業界協会の積極的な推薦を通じて、計127社の企業が申告した。専門家グループの実地訪問、指導および審査を経て、最終的に体験基地3カ所、体験点12カ所を認定した。

 

宋韻杭式生活体験基地

3カ所の宋韻杭式生活体験基地は多様な体験プロジェクト、芸術タイプを統合して、市民と観光客に宋文化の多方面空間を提供している。

 

南宋御街清河坊

街を歩いて、南宋の夢を戻る。南宋御街清河坊は現在杭州市内の歴史の淵源が最も深くて、歴史的地位が最も際立って、最も代表的な歴史文化街区として、杭州市の歴史の変遷と姿を集中的に体現している。ここの核心は宋朝の文化、メインラインは都市観光、宋朝の文化伝承、展覧に力を入れている。清河坊民間茶会、南宋文化祭、呉山廟会などの素晴らしい体験イベントが南宋御街清河坊で開催されて、杭州市の歴史文化の生き生きとした魅力を再現している。

住所:杭州市上城区清河坊

 

径山

淹れたお茶は、宋の香りに満ちる。余杭区の径山は宋の独特な生活美学文化、観光レジャー資源、特色ある環境を基礎として、「茶」をテーマに中国の伝統的な禅茶文化を発揚して、禅茶体験の分野を見せている。宋の点茶、禅の修行などの体験プログラムは帰るのを忘れさせる。さらに、径山茶文化、陸羽泉文化をめぐって、径山は「陸羽とお茶の小僧」のIPイメージ、シリーズの製品を作り、径山茶の茶屋「陸羽のお茶」がオープンし、無形遺産のテーマの連名文化創意製品が発売された。

住所:杭州市余杭区径山鎮

 

歓潭村

南宋の古都は杭州市、南宋の古村は歓潭村。杭州市蕭山区南部に位置する歓潭村の由来は、南宋の有名な将校の岳飛と関係がある。伝説によると、岳飛の軍队はこの地を経由した時、潭の水を飲んで心ともに楽しくなった。歓潭村も「義仓、義学、義診、義渡、義葬」という「五義」精神を持っている。現在、歓潭村の南宋岳家軍をテーマに親子イベント、伝統手工芸の体験はすでに現地の「名刺」になった。

住所:杭州市蕭山区进化鎮歓潭村

 

宋韻杭式生活体験点

12カ所の宋韻杭式生活体験点はそれぞれ特色がある。茶道、茶道、香道、飲食、曲芸、楽器、詩、絵、服、名物など多方面の宋式文化生活芸術をカバーする。

 

杭州宋城

千年を越えて、君に会えた。杭州宋城は時間を越えて、想像を覆すテーマパーク。看板のショーの『宋城千古情』は歴史を深く掘り起こし、杭州文化の魂を探し、「銭塘古来繁華」の輝かしい王朝を追う。ここではすばらしいショーだけでなく、宋のライフシーンも再現された。たとえば、造船所、手工芸、影絵、鍛冶屋、糖絵。

住所:杭州市西湖区之江路148号

 

城隍閣

杭州の千年を目撃した。城隍閣は南宋皇城の遺跡に隣接し、景色が恵まれていて、文化が長い呉山の山頂に位置し、南宋時代の王立建築の風格を持つ模倣建築。南宋文化風情展覧区にある「南宋杭城風情図」が城隍閣の宝、南宋の杭州の日常生活を細かく描いた。ビューレジャーエリアではアフタヌーンティーを味わい、茶芸と音楽公演を鑑賞し、西湖の全景を見渡す。

住所:杭州市上城区呉山3号

 

宋代玉器芸術館

高尚な人格は美玉のようだ。宋代玉器芸術館は宋代の玉器をテーマにした芸術館、現在すでに所蔵品300点余りを収集した。その中の多くの所蔵品は、全国から見ても貴重なものに属し、宋代文化の伝承発揚し、玉器文化の多元発展について貴重な基礎資料。館内では宋代玉器の展覧会、文化フォーラム、観光客体験プログラムが定期的に開催され、杭州の文化要素を豊かにしている。

住所:杭州市上城区四宜路22号、四宜大院D座

 

杭州殊勝龍井ホテル

江南民家の快適さを味わう。杭州殊勝龍井ホテルは伝統的な江南民家の建築様式、精緻な庭は江南地域の水墨画のような景色と人文を再現して、古い杭州の伝統文化の根脈に触れる。ホテルは宋代の禅房に由来する簡潔な美学で空間、器物、生活をつくる。客室はシンプルに配置されて、木のカスタム家具は簡潔で適用である。お客様はホテルの特色ある「宋宴美食」を味わうだけでなく、禅茶文化も体験できる。

住所:杭州市西湖区龍井路2号

 

杭州蕭山南宋官窯芸術館

陶磁器の工芸を体験、青磁器の美しさを感じる。杭州蕭山南宋官窯芸術館は中国で初めて、現在中国最大の中国宋代宮廷御用磁器をテーマにした芸術館でもある。面白い陶芸体験を通じて、南宋官窯の長い歴史を感じて、独特な趣のある南宋文化を活かす。芸術館は無形文化財の芸、茶道、花道、青少年探求学習イベントを通じて、宋韻文化の科学普及と伝承の内包と外延を開拓している。

住所:杭州市蕭山区蜀山路418号

 

承香堂

線香には南宋の優雅さがある。承香堂は数年来、香道の収納と精研に没頭して、この古い、上品な南宋文化芸術を今の人々の生活に持ち込む。ここでは、観光客が香道を体験することができるし、香丸の制作に参加し、「漢芳香」の知識を知るし、香道に対する理解を深める。

住所:杭州市上城区荷花池頭1号

 

西湖琴社

歴史的な重厚感のある琴の音。浙派古琴は南宋に形成され、中国初の系統を形成した古琴芸術流派である。西湖琴社は新浙派古琴芸術の源、古琴芸術交流を担体とし、浙派古琴芸術を伝承することを自分の責任とする。ここでは不定期に古琴公益訓練班、特別公演と特別講座を開催する。西湖琴社へ行くと、エレガントな古琴音楽を聴いて、お茶を飲む。また、古琴の基本的な演奏方法や楽譜も体験できる。

住所:杭州市上城区南山路勾山里17号

 

富陽元書紙制作体験センター

竹紙の作りを起源から感じる。富陽区の竹紙の発展は南宋歴史の過程と密接に関係し、南宋の優雅さは竹紙に高潔な魂を与え、竹紙の興隆も南宋文化の繁栄を目撃した。原材料から制作まで、富陽元書紙制作体験センターは宋代の竹紙工芸を生き生きと復元した。古代の製紙技術、書道、活版印刷、拓片、観光客に伝統文化の魅力を感じさせる。

住所:杭州市富陽区湖源郷新二村、元書紙基地

 

天目盏「天目一品」制作展覧センター

魅力的な天目釉磁器。天目山文化は西湖文化、南宋文化と密接に関係した。宋、元の時期、杭州天目山には天目窯が百基近くあり、黒釉磁と青白磁を豊富に生産した。今、天目山はすでに長江デルタ地域の重要な自然文化と宋元文化体験スポットとなった。美しい天目磁器を無料で鑑賞し、磁器の製作に参与し、自分だけの磁器を創造する。

住所:杭州市臨安区西天目山禅源寺の前

 

宋宴レストラン

南宋の舌の先の優雅さを探す。宋宴レストランは虎跑公園に位置し、南宋建築スタイルを復元し、至る所古めかしい趣に満ちている。どの料理もレストランのシェフチームが古籍で復元した南宋グルメ、香りと味に歴史と物語がある。ここに来ると漢服を無料で着て、香道、茶道、書絵、花道という南宋の4つの優雅なことを体験する。

住所:杭州市西湖区虎跑路39号、虎跑公園

 

銭塘観礼

宋の人文美学を取り戻す。銭塘観礼は没入型南宋人文美学空間、南宋女子成人式の演芸、宋式古庭園建築、中国伝統衣装のトップブランドの「浄蓮満堂」などの要素はここで融合した。銭塘観礼は全部で2つの大きなプレートに分けられ、それぞれ宋式古庭園と室内空間である。ここでお茶を飲んだり、景色を見たりするのはとても心地よい。

住所:杭州市西湖区転塘街道竜塢工業ブロック40

 

慧因高麗寺慧因湖書院

千年の古寺に身を置き、昔の優雅さを味わう。慧因高麗寺は杭州唯一の宋の建築構造外環境を主体とて、文化博覧、建築美学と園林芸術を一体化した古寺。現在は二つの定期的に開催されるイベント、「湖上風雅」と「無倦茗集」が形成され、中国で最も完全なオリジナル宋韻空間および器物展示システムを持っている。また、「宋風十二事」のテーマ体験プロジェクトを全力で作り上げている。

住所:杭州市三台山路149—1、慧因高麗寺