浙江省イチョウの観賞地

秋はだんだん寒くなって、でも、イチョウの葉も黄色になった。早速イチョウを観賞しよう。

杭州華園弄

    華園弄は住宅区域の小道が、両側にはイチョウをを植えた。秋の時、イチョウの葉は華園弄を「黄色の小道」になって、たくさんの市民、観光客をを引きつける。しかも、ここは大人気な写真撮影地であり、特に、ここで結婚写真を取る新婚夫婦が多い。


杭州華園弄


アドレス:杭州市下城区上塘路朝晖公園の南


杭州楊家村

    楊家村のまわりは至る所イチョウ林が見える。夕方、日光、落ち葉、村、炊煙…まるで綺麗な油絵のようだ。道路を覆っている黄色の落ち葉は、たぶん固体の日光だろう。


杭州楊家村


アドレス:杭州市富陽区万市郷楊家村


杭州指南村

    指南村の別名は、「秋の最も美しい江南村」である。曲がった道、広々とした山、澄んだ池、活発な家畜。また、壮観な棚田は470畝に達す。でも、一番美しい景観は、大量のイチョウだ。色とりどりのイチョウ、まわりの素敵な景色は指南村の華麗な服を構成する。


杭州指南村


アドレス:杭州市臨安区指南村


諸曁五泄風景区

    三国時代、ここはイチョウをを植えることが始まって、今まで1800年以上の歴史を持っている。風景区内、色が強いイチョウと素樸な古建物は、著しい対照をなす。駐車場から、寺の広場まで、金色の「カーペット」を敷いてある


諸曁五泄風景区


アドレス:諸曁市五泄鎮五泄風景区


湖州八都岕観光地

    八都岕はイチョウの長廊で有名になった。たくさんのイチョウは道路の両側に分部して、あるイチョウは千歳以上の「お年寄り」だ。天気がいい時、優しい風はイチョウの葉を空にこぼれて、日光を浴びて、非常に素敵な光景だ。


湖州八都岕観光地


アドレス:湖州長興県小浦鎮八都岕観光地


嘉興三塔路

    これは普通の道路だけて、でも、現在の三塔路は独特の美感がある。車に押しられた落ち葉は平らげて、小さい扇子みたい。しおりに使うこともいい。また、まわりの緑化も豊富で、色とりどりの「童話の道路」のようだ。


嘉興三塔路


アドレス:嘉興市南湖区三塔路


寧波天童寺

    ここのイチョウは種子をするために植えた。よく見たら、葉の間にたくさんの種子がある。小さくて精緻で、こらは新生命の美感。イチョウを観賞した後、曹洞宗の祖庭・天童寺を見学しよう。美景、古寺、いい季節。


寧波天童寺


アドレス:寧波市鄞州区太白山天童寺


寧波渓口鎮

    蒋氏一族でこの小さい鎮は中国国家AAAA級観光地になり、「中華民国文化第一鎮」という別名を持っている。ここは、民国文化だけではなく、イチョウも美しい景観の一つ。特に、豊鎬房のイチョウはまるで黄色の海のようだ。


寧波渓口鎮


アドレス:寧波市奉化区渓口鎮


麗水雁渓村

    雁渓村の景色は非常に美しくて、「陶淵明の夢」と呼ばれる。村には15本の三、四百年のイチョウが存在している。秋、黄色のイチョウはこの「夢」の一番素敵な一部になる。


麗水雁渓村


アドレス:麗水市景寧県雁渓村