森林温泉の鎮—深甽鎮

天台山と四明山の間に、ある悠久な歴史を持っている森林温泉小鎮が存在している。

    深甽鎮といえば、緑の森林、暖かい温泉、酸素に満ちた新鮮な空気…ファースト・インプレッションズは絶対に「天然」である。でも、深甽鎮の特色はこの素晴らしい生態環境だけではなくて、また、独特的な文化がある。千年前、詩人の罗隠は深甽鎮の竜宮村で水墨画のような作品を創作して、地元の美しい風景を描いた。缑北第一橋、育英书苑、双枝廟、孝友堂、林家廟、蔵工石塔など古くて、精巧な古建築、文化景観は、深甽鎮の今まで保存している歴史。現在、郷愁文化体験区のフレームになる。


深甽鎮の景観


    今年、深甽鎮は寧海県初めての郷愁文化観光体験地帯を設立した。沙地から望海崗まで、30キロの観光地帯は歩道、景観、民宿、文化、農業、美食など資源を融合した。ここで、「宿泊+温泉」をテーマとしてブティック民宿はすでに開業した。しかも、「宿泊+山地スポーツ」、「宿泊+古村観光」といったテーマ民宿も計画中である。深甽鎮のスローガンは「有名な温泉、綺麗な山、古い小鎮」、理念は「山水の間に心を解放、健康な生活を確保」、各種の観光シリーズを持っている森林温泉リゾート地、長江デルタの森林温泉観光目的地及び中国有名な温泉療養の鎮を建設することは深甽鎮の目標。2018年、深甽鎮は急速に観光項目を建設して、特に温泉について項目はポイントである。また、地元の温泉文化を発揚するために、「中国森林温泉文化祭」も予定。今後、深甽鎮はもっと優秀になる。