浙江省:文化と観光の分野のデジタル化「武器」で防疫を助ける

今年の初めは、新型コロナウイルスによる疫病で多くの人が胸を締めつけられている。 この困難な「戦い」に勝つために、浙江省はデジタル化のプラットフォームを利用した。「詩画浙江・文化と観光情報サービスプラットフォーム」は、オンライン情報、観光スポットのビデオ、オンラインガイド、客流監視などの多くのサービスを提供し、そして、新メディアを通じて、良質なオンライン「ディナー」を提供しいる。これらの「武器」は、疫病との戦いの中で重要な役割を果たした。

今年の初めは、新型コロナウイルスによる疫病で多くの人が胸を締めつけられている。
この困難な「戦い」に勝つために、浙江省はデジタル化のプラットフォームを利用した。「詩画浙江・文化と観光情報サービスプラットフォーム」は、オンライン情報、観光スポットのビデオ、オンラインガイド、客流監視などの多くのサービスを提供し、そして、新メディアを通じて、良質なオンライン「ディナー」を提供しいる。これらの「武器」は、疫病との戦いの中で重要な役割を果たした。

0距離、文化と観光の「美食」を味わう
最近、浙江省文化と観光庁は新メディア「詩画浙江文化と観光情報」を通じて、20以上の伝統演劇、コンサート、演劇など文芸テーマビデオを含む文章(5編)を発表した。一番多い読書量は3.2万に達した。

Tik Tokなどのビデオプラットフォームで、浙江省文化と観光庁はビデオで防疫の知識を普及させて、また、医療関係者たちを応援した。最大の放送量は568万回。

また、大衆の生活を豊かにするために、浙江省文化と観光庁はオンラインで、55の観光スポットのVR資源を開放している。多くの料理人を招待して、浙江各地の美食の製作を分かち合った。

浙江省文化と観光庁は積極的に行動し、様々な手段で大衆に文化と観光の「美食」を見せる。

安全上の隠れた危険を徹底的に防ぐ
2月6日、寒気の影響で、杭州市、寧波市の一部地域では2020年の初雪を迎えた。雪景色の誘惑に直面して、ある人は景勝に出かけた。

寧波市政府は直ちに状況を把握し、迅速に行動している。まず、観光地には市民が集まらないように説得した。その後、象山影视城の新年お祭りはキャンセルされた。また、寧波に飛行機で来る武漢の乗客に対して、適切な手配を行って、いくつかのドラマの撮影、エキストラの募集などを中止した。

もっとひどいのは温州です。もっとひどい疫病が発生している温州では、政府がビデオ会議を開催して、関連業務、防疫措置が適切に行われていることを確保した。多くの観光地区も監督管理を強化し、そして、しばらく休業した。

総じて言えば、この「詩画浙江・文化と観光情報サービスシステム」は防疫において重要な役割を果たした。たとえば、各観光スポットの人数、休業かどうかなどの状況は適時に了解して、観光スポットに防疫措置を実施するよう指導する。ネットでコメントを分析し、監視し、負の情報をタイムリーに処理する。

24時間観光客にサービスを提供する
疫病の発生によって、旅行業は大きな影響を受けた。1月24日、中国文化と観光庁部は関連通知を発表した。全国の旅行会社に関連業務(団体ツアー業務と「航空券+ホテル」商品)の停止を要請;すでに出発したツアーは契約通りに日程を完成できって、旅行中、観光客の体の状況をよく見て、健康保護をしっかりと行う。また、スケジュール調整、払い戻しなどの訴えは適切に処理する。

春節休暇は重要なゴールデンウィークで、疫病ので関連業務を停止するのは旅行会社にとって大きな損失。旅行会社は自覚的に要求、規定を守るが、観光客の払い戻しは旅行会社にストレスを与えた。

これに対して、浙江省文化と観光庁は多くの措置と政策をとった。1月28日から1月30日まで、浙江省文化と観光庁は11の指導グループを派遣し、浙江省の各都市、県、管轄区に向かった。指導グループは疫病の予防とコントロールに対して調査と監督を行って、公共場所の状況、防御措置を確認、そして、観光業のクレームに対する指導グループと企業が座談した。

また、浙江省文化と観光庁は「浙江省旅行社業務管理システム」に新しいプレートが設置されて、情報を全面的に把握していって、適時に主管部門に送付する。浙江省文化と観光庁は観光客向けにホットライン、オンラインプラットフォームを開放し、24時間コミュニケーション、返信を行いっている。これらの方式を通じて、観光客の疑問に答えて、クレームを処理して、旅行会社を助ける。