中国で最も美しい県

桐廬県は『富春山居図』から出てきた「中国画の町」で、黄公望が書いた詩意、範仲淹が書いたスマートさ、『与朱元思書』の奇景を持っている。

桐廬県は『富春山居図』から出てきた「中国画の町」で、黄公望が書いた詩意、範仲淹が書いたスマートさ、『与朱元思書』の奇景を持っている。3度も「中国で最も幸福感のある県級都市ランキング」の1位に輝いた桐廬県は「中国で最も美しい県城」と呼ばれて、あこがれるような生活があちこちにある。多くのデザイナーや芸術家が集まって、現代芸術で田舎の風景にぶつかるのは街の存在を忘れさせる。

 

桐廬県に来たら、妙筆小鎮で古い毛筆の製作を体験して、瑶琳仙境の壮観な鐘乳石を見て、船で垂雲通天河の地下河を遊覧して、九龍寺へお参りに行く。本当に素晴らしい旅である