西渓国家湿地公園

 西渓国家湿地公園は、中国浙江省杭州市にある湿地を中心とした公園で、国家AAAAA級観光地であり、中国唯一の都市湿地、農耕湿地、湿地の文化を兼ねた湿地でである。西渓湿地西湖から西へ5kmくらい離れ、西湖、西と共に、杭州の「三西」と呼ばれる有名な観光スポットである

 面積は11.5平方キロメートルで、70%は湖、川、沼沢などの水域面積である。西渓公園は、東部、中部、西部という三つの部分で分けられている。そのうち、中部だけは無料で観光客に開放され主にレストラン、特産品の売店などが集中されている。東部と西部は、自然保護区であり、中国湿地博物館、湿地研究センター、鳥類観測エリア、野生動物保護センターなどが設置されている。西渓公園は陸地の緑化率は85%となり杭州の「緑色の肺」と呼ばれている。 

 西渓知識人たちが隠居所に好んだ場所である今残っている遺跡は、秋雪庵、洪園、高などが挙げられる。そのうち、清の時代の役人、学者でもある高士奇の別荘で、最も大きなものである。白い壁と黒いレンガ、扉にはたくさんの額が掛けられている。

 西渓は、古くから毎年の端午の節句に、中国の戦国時代、楚国の詩人?政治家である屈原を記念するため、ドラコンボード祭が行われる伝統がある。話によると、清の乾隆(けんりゅう)帝は、西渓ドラゴンボードを観たら、「龍舟盛会」と言い、これから、西渓のドラコンボード祭が全国名が広めた。現在は、「西渓国際ドラゴンボード競技」まで昇格したのである







  • 中国語:西溪国家湿地公园
  • 費用:80元
  • 電話:057183968892
  • アドレス:浙江省杭州市西湖区