国際銭塘江海寧観潮節 (大逆流祭り)

観潮節は漢民族の民間祭りであり、浙江の杭州地域で流行っている。毎年の旧暦八月十八日は、銭塘潮の一番壮大な時期で、逆流は非常な勢いで迫ってくる。

 観潮節は漢民族の民間祭りであり、浙江の杭州地域で流行っている。毎年の旧暦八月十八日は、潮の一番壮大な時期で、逆流非常な勢いで迫ってくる。逆流を見る一番良いところは海寧である。海寧は有名な観潮聖地であり、江の北岸に位置し、西には杭州と接近している。古くから「魚米の郷、シルクの府、才子の郷、文化の邦、革の都」という名で誇られている。

 「8月18日の潮、その壮観天下に無し」とよく言わている。潮の伝統は歴史が古くて、唐や宋の時代から今日まで続いてきた。一番よい観潮地は海寧で、毎年、多くの人々が海寧に殺到し、自然の驚きさをこの目で確かめようとしている。1992年、海寧市は初めて観潮節を開催し、それ以降、観潮節の規模は毎年大きくなり、1994年は「中国国際銭塘江海寧観潮節」まで昇格した。

中国国際銭塘江海寧観潮節


 中国国際銭塘江海寧観潮節は中国の重要な民間祭りである。祭りの期間中、天下奇海寧を主な内容とし、祭潮、各遊園活動を展開する。開幕式は、旧暦の8月16日午前、官鐘鼓楼の広場で開く。官は国家AAAA級の観光地で、潮を味わう一番いいスポットである。

 中国国際銭塘江海寧観潮節は民族歌や踊りの形で、海寧の「潮文化」を再現し、また、スカイダイビングパラモーター、江南文化美食祭り、民俗風情ショーなどの数10項目の出し物があり、それ以外に、海寧官では、春と夏の観潮節も開催している。観潮節は旅行、商業貿易、文化を一体に集中した国際的な盛会と言える。

中国国際銭塘江海寧観潮節