ドラゴンボート競技

ドラゴンボート競技は、中国端午の節句で行われる伝統的な民俗活動である。主に、中国の南地方に流行っている祭りである。北に地方は、川が少ないため、岸の上で仮のドラゴンボートを競技する。

 ドラゴンボート競技は、中国端午の節句で行われる伝統的な民俗活動である。主に、中国の南地方に流行っている祭りである。北に地方は、川が少ないため、岸の上で仮のドラゴンボートを競技する。

ドラゴンボート競技

 ドラゴンボート競技の歴史は、戦国時代まで遡れる。中国の戦国時代、楚国の詩人?政治家である屈原汨羅江に入水自殺漁民が屈原を助けようとドラゴンボートを使ったということから、毎年の旧暦5月5日に、屈原を記念するために、ドラゴンボート競技を行われる。ドラゴンボートは、たいていの頭と尾で装飾され、大きな太鼓が載せられ太鼓手1名が舳先で後ろ向き、舵取り1名が船尾に立ち、漕手がドラゴンボート長さより、漕手10名から60まである。

ドラゴンボート競技

 浙江省杭州市にある杭州西溪湿地国家公園では、毎年、「杭州西溪国際ドラゴンボード競技」が行われる。20から35メートルのドラコンボートには、30から60名のスポーツ選手が載せられる。ドラゴンボード競技は、チームワークの重要性と競技の精神を強調している。ドラゴンボート競技は日本、ベトナムさらにイギリスまでに伝わった。2009年ドラゴンボード競技は世界非物質文化遺産にリストされた。2011年5月23日ドラゴンボート競技は中国国家非物質文化遺産にリストされた。