東南アジアの仏教センター

唐の時代(紀元618年-907年)の末期から、北方の権力中心は、仏教の発展を制限し始め、それ以降、寺院の数は激減された。幸いながら、銭氏家族のおかげで、仏教は南地方で保持され繁栄できた。銭氏家族は自ら仏教の教育に投資した。そのため、今日まで、南中国で大量の仏像や塔などが見られる。杭州では今や150軒の寺院が存在し、呉越国の時期はここが「東南アジアの仏教センター」であったようである。普陀山 普陀山は銭塘江の東海...

越地の長歌――浙江省の歴史文明

浙江省は古くから「魚米の郷」、「シルクの府」としてよく知られてきたが、「文化と歴史の発祥地」としても周知されている。浙江の繁栄は、早くも晋の時代(317年~420年)に、中国のファイナンシャル中心が江南(長江下流領域の南側)に移行してからのである。浙江省なら、杭州、紹興、寧波という三つの都市は最初に中国歴史名城にリストされた。浙江省の堺内では、杭州の六和塔や紹興の蘭亭などたくさんの歴史文化遺跡が残されて...

輝いている浙江省の文化

浙江省は中国古代文明の一部分である。50,000前の新石器時代の河姆渡文化に属する「建徳人」は、浙江省の西側の山で活動していた。7000年から4000年前まで、浙江省では人類の活動は非常に頻繁であることが見つかった。浙江省にはたくさんの歴史文明の遺跡が残られている。河姆渡文化  河姆渡遺跡は1973年に浙江省の余姚市で発見された。河姆渡遺跡は40,000平方メートルにもあり、寧波市までは20キロメートル離れている。河姆渡文化...

浙江省の少数民族文化

少数民族文化は中華文化の重要な一部であり、各民族は中華文化の成り立つや発展には独特で大きな貢献をした。浙江省で散居している少数民族の人口は多くないが、民族種類が多く、56の民族が含まれている。畲族(シェ族、あるいはショー族、シャ族)、回族と満州族は元々浙江省で住居しているが、ほかの民族は改革開放後、仕事やビジネスや婚姻などの原因で移住してきたのである。 畲族 畲族は浙江省の少数民族の中で一番人口が多...

浙江省の歴史文化名城

中国は古代文明国であり、中国歴史上に名を残っている古い歴史と豊かな文化を持っている都市も多い。その中には、一部は当時の中国の政治中心や経済中心や文化中心となっていた。また一部は改革運動や歴史大事件が行われたところである。5,000歴史文明の長川の中で、輝いた文化遺産と文明都市が多く生まれた。 中華人民共和国の「歴史文化都市を保護する法律」によると、歴史文化名城は、大量の価値がある歴史文化遺産を持っている...