輝いている浙江省の文化

浙江省は中国古代文明の一部分である。50,000前の新石器時代の河姆渡文化に属する「建徳人」は、浙江省の西側の山で活動していた。7000年から4000年前まで、浙江省では人類の活動は非常に頻繁であることが見つかった。浙江省にはたくさんの歴史文明の遺跡が残られている。

   浙江省は中国古代文明の一部分である。50,000前の新石器時代の河姆渡文化に属する「建徳人」は、浙江省の西側の山で活動していた。7000年から4000年前まで、浙江省では人類の活動は非常に頻繁であることが見つかった。浙江省にはたくさんの歴史文明の遺跡が残られている。

 

河姆渡文化

河姆渡文化

 

  河姆渡遺跡は1973年に浙江省の余姚市で発見された。河姆渡遺跡40,000平方メートルにもあり、寧波市までは20キロメートル離れている。河姆渡文化中国長江下流域で新石器時代の最も重要な文明である。炭14で精密的に図ることによって、河姆渡文化は7000年前まで遡ることができ、紀元前5000年から紀元前3300年にかけて存在した新石器時代文化である。

 河姆渡遺跡は新石器時代の母権社会を反映し、7000年前の長江下流域の中国子孫が存在することを明らかにさせた河姆渡遺跡で、水稲のモミが大量に発見され人工的かつ大規模に栽培が行われていたことが分かった。また、黒陶も発見された。河姆渡文明は、中国歴史上の突破的な発見で、長江文明の存在が明らかになった。そのため、黄河流域の文化と長江流域の文化をあわせて中国文明として捉えられるようになっている。

 

馬家浜文化

馬家浜文化


  馬家浜文化は、長江と太湖流域にある新石器時代の代表的な文明である。馬家浜遺跡浙江省嘉興市の馬家浜という村で遺跡が発見されたから、その名をつけた。馬家浜文化は主に太湖流域、浙江省境内の北銭塘江流域及び江蘇省の常州市を含まれている。

 考古学の分析によると、馬家浜遺跡の歴史は、 紀元前5000年新石器時代中期まで遡ることができる。 紀元前4000年頃馬家浜文化はその後崧澤文化に発展した。馬家浜文化やその後崧澤文化良渚文化と同じく、太湖一帯に分布していた地域特徴を持つ新石器時代の文明である

 1959年、馬家浜遺跡が発掘され始めた。馬家浜文化の人々コメを栽培していたと推測されたほか、犬やブタノロジカなどの飼育を行っていた痕跡も見つかっており、人々は動物の狩猟、漁業や飼育も行い、農業には全面的に依存していなかったことが分かる。また、馬家浜遺跡では、住居の痕跡も見つり、更に、屋外排水システムも発見した。死んだ人々が共同墓地埋葬され、副葬品もみな同じで、同じ年齢の人が一つ埋葬されたことが見つかり、それらの特徴は、母権社会を反映している。

  

良渚文化

良渚文化

 

  長江デルタと太湖流域にある5300年前から4000年前まで良渚文化先史の考古学における非常に重要な研究位置を占めている。良渚文化「古代中国の文明開化の夜明け」と呼ばれている。良渚遺跡は杭州市余杭区の良渚鎮と瓶窑鎮に位置している。良渚文化の名前は、最初に発見した所且つコアエリアである良渚鎮の名を取ったのである。ほかの先史の考古学遺跡を比べると、良渚遺跡の規模は一番大きい。 最も大きな特徴は、玉と精美な陶器が大量に発掘されたことである。

 2007年に、偶然的に良渚文化を発見したことにより、良渚文化古の文明開化であり、母系から父系社会に移行する過渡期でもあることが明らかになった。中国世界遺産管理委員会は、良渚遺跡群は5,000年の華麗な中国文明が存在していることの 証拠となると発表した。2012年、良渚遺跡は『世界遺産暫定リスト』に登録された。

 

呉越文化

呉越文化

 呉越文化つまり江蘇?浙江文化でよく知られている。呉越文化は伝統的な地域特徴を持っている文明で、中国の漢の文明の重要な部分でもある。呉越文化は歴史から言えば、少数民族を融合した多文化と地域的な文明である。

呉越文化は太湖盆地に囲まれ、上海、江蘇省の南部、浙江省、安徽省と江西省の西北部を含めている。銭塘江を境にすると、呉越文化は「文化」と「文化」に分けられる。

 河姆渡文化良渚文化は歴史の変遷により、歴史の舞台から去ったが、呉越文化はずっと輝いている。「文化」と「文化」は同じ文化起源であり、また長い間の民族融合によって、文化が統一された。

 

跨湖橋文化

跨湖橋文化


 跨湖橋遺跡は 1990年杭州市蕭山区跨湖橋で発見した遺跡である。蕭山浙江文明を発祥地であり、跨湖橋文化は8000年前に現われの新石器時代のもので、長江文明を形成する最初期のものである。跨湖橋文化は「文化」の起源であり、中国もっとも古い史前文明である。

 跨湖橋文化は、この前発見した河姆渡文化と馬家浜文化と違って、それは新しい文化である。跨湖橋遺跡の発見したことにより、この前に信じてきたコメ文化の起源である河姆渡文化 (6,000年前から7,000 年前まで)よりもっと1000年前も早いということが証明された。 それは、今まで発見した浙江省境内の一番古い遺跡である。