西湖龍井茶

 龍井茶の歴史は古く、早くも1200年前、唐の時代の陸羽が書いた『茶経』の中、「西湖龍井茶」が記録されてある。清 の乾隆帝は、西湖龍井茶を貢ぎ物にリストされた。緑茶には多量のビタミンCやアミノ酸など栄養素が含まれ、健康に非常によい飲み物である。

 中国人はお茶を飲みのが好きで、そのうち多くの人が緑茶をよく飲んでいる。西湖龍井茶(ロンジンちゃ/りゅういちゃ)は緑茶の一つ代表的なものである。西湖龍井茶はそもそも、西湖の西に位置する龍井村で作られていたことからその名がつけられた。現在、生産地として有名となっているのは、獅峰、虎跑、雲栖、梅家塢の四地域である。そのうち獅峰龍井茶は一番おいしいである。

西湖龍井茶

 龍井茶の歴史は古く、早くも1200年前、唐の時代の陸羽が書いた『茶経』の中、「西湖龍井茶」が記録されてある。(1644-1911) の乾隆(けんりゅう)帝は、西湖龍井茶を貢ぎ物にリストされた。緑茶には多量のビタミンCやアミノ酸など栄養素が含まれ、健康に非常によい飲み物である。