白蛇伝

『白蛇伝』は古くから人々に伝えられている民間伝説であり、中国四大民間愛情伝説の一つである(他のはそれぞれ、『梁山伯(りゃんしゃんぼ)と祝英台(ちゅういんたい)』、『孟姜女(もうきょうじょ)』と『牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)』である)。『白蛇伝』の影響はだんだん広がり、中国国内よく知られているだけでなく、日本、韓国、インド、ベトナムなどの国まで伝わった。 『白蛇伝』は杭州で発生した物語で、断橋、...

大禹治水

伝説によると、帝堯舜の時代に、黄河流域は洪水がよく氾濫していた。洪水の氾濫を止め、農業生産を保護するため、帝堯は部落首領会議を開き、治水のやり手を募集した。鯀が推薦され、治水の仕事を担当するようになった。しかし、鯀が治水失敗しまって、羽山に放逐された。舜が帝になった後、治水の仕事を鯀の息子である禹に任せた。 話によると、禹は塗山氏と結婚してから4日後に、舜帝の任命を受け、治水に行った。治水の13年の中...

淳安の竹馬踊

竹馬踊は漢民族の踊の一つである。竹で馬の形を作り、外形は赤と白の紙をのりで粘着し、出演者は竹馬をかぶりながら踊ったり歌を歌ったりする。浙江省一番代表的な民間竹馬踊は淳安県(じゅんあんけん)にある。淳安県は杭州市に属し、有名な観光地千島湖はここにある。 淳安県の竹馬踊は600年前の明の時代まで遡ることができる。伝説によると、元の末期に、朱元璋が张士诚に倒されたあと、淳安県安梓桐打鉄山岩屋に避難していたと...

梁山伯と祝英台

『梁山伯(りゃんしゃんぼ)と祝英台(ちゅういんたい)』という伝説は、人々を感動させる美しい愛情物語であり、それは『孟姜女(もうきょうじょ)』、『牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)』と『白蛇伝説(しろへびでんせつ)』と並び、中国四大民間伝説と言われる。その中では、『梁山伯と祝英台』(略称:『梁祝』)の影響が一番大きく、特に、文学性、芸術性と思想性から言えば、中国各類民間伝説の中で、一番価値がある伝説と...

板凳龍

龍踊(じゃおどり)は、数千年前中国での雨乞いの儀式として行われている。龍は玉を追い求めて乱舞する。玉は太陽,月を表し、龍が玉を飲むことによって、空は暗転し、雨雲を呼び、雨を降らせると信じられている。日照りに苦しむ、農民の祈りから始まった龍踊は、その後、お祝いや祭りの時に行われるようになった。 板凳龍は龍踊の一つで、長灯とも呼ばれている。浙江省浦江県で、毎年の旧正月の一日から十五日の間、流行っている民...